So-net無料ブログ作成

高齢者と運動と睡眠について [その他]

先日からスポーツクラブにて催事販売をする機会があり
多くの高齢者の方と話す機会がありました。

仕事柄、人と会った時にはだいたい睡眠の話をすることになり
だいたい、性別・年齢・職業によりどんな睡眠の傾向があるかが
把握できるようになってきました。

その中で「高齢者」というくくりは、私の中で疑問符がついていました。
それは何かというと・・・

一般的に高齢になると「眠りが浅くなる」ことが知られています。
もちろん赤ちゃんの時が一番眠りが深く、歳を重ねるごとに眠りは浅くなってくる。
その傾向自体は現実としてあるのですが、
では、高齢者の眠りを改善できないのか?という疑問がずっとあったのです。

私のこれまでの経験では、「若いからといって眠りが深いというわけではない」ということが分かっています。
年齢よりも「習慣的に運動をしているかどうか」が重要になってきます。
運動をしていない10代、20代よりも、運動をしている40代、50代の方がよく眠れていると感じるのです。
いまは日常的に体を動かさない若者が増え、睡眠不安の弱年齢化が進行していることが
気になるのですが・・・それはまた別の話ですね。

では、65歳以上の高齢者で習慣的に運動をしている人の睡眠はどうなのだろう?

色々な高齢者と話をしましたが、一様に「朝早く起きてしまう」「夜中に途中で起きる」と眠りの浅さを強調されました。運動したら良く眠れるようになるんじゃないですか?と話しても「若い人には分からない。歳を取ると眠りが浅くなるのは仕方ない」と言われてしまいます。

しかし今回スポーツクラブで話をした高齢者の方の答えは「よく眠れるよ!」ということでした。
回答率は100%。聞いた人全てが「まったく眠りに不安がない」と答えてくれました。
中にはほっといたら10時間でも寝れると言う人もいました。

あくまで仮定に過ぎませんが、高齢の方でも十分な運動をしていれば、睡眠の深さも維持できるのかもしれません。もしそうだとしたら、とても嬉しい話です。

そして、この話は裏を返せば若くても睡眠の質が悪くなるということです。
運動をしないと筋肉が衰えるように、睡眠の質も衰えるのです。
いくつになっても体を十分に動かし「毎日よく眠れる!」と言っていたいものです。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。