So-net無料ブログ作成

枕その1 ~ 頭を支える寝具 ~ [寝具と眠りの関係]

私が寝具関係の仕事をしていると知って、ほぼ最初に聞かれる質問がこれです。


「一番いい枕ってどんなものですか?」


質問の内容は色々ですが、まず寝具と聞くと「枕」を想像する方が多いようです。

もちろん「枕」も数ある寝具の中のひとつであり、

「枕」だけで寝具や眠りを語ることは出来ないのですが

人の体の中でも一番大切な「頭」を支える寝具である以上

こだわるのは当然のことです。


高さ、形状、素材、固さ、肌触り、通気性・・・

様々にスペックが選べるところは、こだわり派の人たちにはたまらない要素
でもあることでしょう。

しかし、意外なことに「枕」に対して現在のようなこだわりのマーケットが

出来たのは、つい最近だと聞いています。

「枕」は、あれば何でもいい、安い寝具・・・と見なされていたこともあったそうです。


今では、「枕が変わると眠れない」という言葉通り

何種類もの枕を持っている人がいたり、

寝具店に行けばびっくりするぐらい多くの種類がおいてあったり

某通販さんでは、枕が長年売れ筋No.1をキープしていたり

「枕」は、ひとつのマーケットとして確立され

「枕」を通じて睡眠の質を考える人も増えてきていると感じます。


さて、話がだいぶそれました。

冒頭の質問に私はいつもこう答えています。

「あなたが気に入った枕が、一番よい枕です」


拍子抜けするかもしれませんが、これが私の意見です。

理由は「安心」が睡眠の質をあげる要素だからです。

自分が信頼できる「枕」に出会った時こそ、良い睡眠につながります。


一応寝具の専門家としても一言。

実は生まれた時、枕は必要なと言われています。

生まれた直後は、背骨がまっすぐな状態であり、平らな面の上で寝ていても

理想の寝姿勢を維持できるということです。

成長するに従い、背骨が曲がり、猫背になってきます。

枕の役割は、背骨が曲がった分をサポートすることです。

背骨の変化具合に合わせ高さを調節し、頭を支えることで

首や肩の緊張をやわらげ、首の痛みや肩の凝りをなくすことが出来ます。


壁に背中を付け、自然な状態で「気を付け」の姿勢をしてみてください。

その時に頭と壁がどのくらい離れているかが、枕の高さを選ぶひとつの指標になります。


少し長くなったので、枕の中材説明はまた今度にします。


ちなみに<サラフ>の枕カバーはどんな高さの枕にも対応しています(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2重ニットパジャマ ~熱帯夜も汗知らず~ [サラフの商品]

「敷きパッドや枕が<サラフ>のエアラッセルを使っていても

 パジャマが汗を逃がさなければ意味がない・・・」

そんな声にこたえる形で開発されたパジャマが


<サラフ>2重ニットパジャマです。


「2重ニット」というのは表面に出る素材と裏面に出る素材が

違うために名付けました。


裏面(肌にあたる方)は、吸水速乾素材の「ダクロン®QD」を使用。

表面(外から見える方)は、クラレの特殊素材「スペースマスター」を使用しました。


さらに裏面のダクロン®QDサイドは、生地の表面に凹凸を付け

肌への接触面積を減らすことで、「サラサラ感」を強調しています。

吸水・速乾性能 + サラサラ感 で汗をかいても不快感を軽減します。


また、表面のスペースマスターは、軽量で遮光性能にも優れた素材で

軽く、薄い、素材でもパジャマとしての機能を維持します。

そのため、初めて着用すると「着た感じがしない」という感想を持たれる方も

多いと思います。


私は、開発当時に長い間着用テストをしました。

その時の感想はこんな感じです。


このパジャマを手にした時にまず感じたのが

「とても軽くてサラサラしている」


そして着用してみて感じたのが

「着た感じがしない」


そして、一晩寝て朝起きた時の感想が

「汗をかいた感じがしない」


夏の朝であれば、エアコンを使わない場合、

寝汗でパジャマがびっしょりしていることが多いですが

サラサラした触感のままで、寝汗を感じさせませんでした。


個人的には、夏にこのパジャマを使ってしまうと他のパジャマが着られなくなって

しまいそうな気がします。


エアコンに頼りたくない人にはぴったりのパジャマだと思います。

よかったらお試しください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サラフの病院でのモニター ~のぞみの丘ホスピタルさんとのプロジェクト~ [サラフの歴史]

サラフの歴史 前回はこちら
http://salaf.blog.so-net.ne.jp/2011-03-07


社内での<サラフ>の商品理解が社内で進んだ頃

会長(当時の社長)が新しいプロジェクトを始めました。


”病院で使ってもらおう”


知り合いのツテで紹介していただいたのが、

のぞみの丘ホスピタルさん

蒲郡深志病院さん

商品サンプルを提供させていただき、実際の患者さんに使ってもらいました。


この企画では、とても貴重な声をたくさん聞くことが出来ました。

■ 床ずれ防止用のマットは蒸れるものが多いけど、このパッドを上に敷くと蒸れが軽減
 される。

■ とにかく軽くて持ち運びが便利

■ 畳んで車イスに使っている人もいる。車イス用を作ってほしい。

■ 洗濯してもすぐに乾く


そして、私たちにとってよかったのは、デメリットも聞くことができたことです。 

■ 洗濯後、中央のエアラッセル部分はすぐ乾くけど、四方のヘム部分の乾きが遅い。

当時、ヘムの部分は綿100%の素材を使っていたのですが、この声を聞きすぐに

乾燥の速いポリエステル素材に変更しました。

おかげで使用時だけでなく、洗濯や取り付けに至るまで、納得のいく形になりました。


そして一番嬉しかったのが

使っていただいた患者さんの中で、退院する時に売ってほしいと言ってくれた方が
いたことです。



看護部長の安藤正枝さんには、当時以下のコメントを頂きました。


「 寝て介護を受ける人は元気な人に比べ、寝返りもままならないので、

 敷きふとんと密着している背中に発汗が集中します。

 だから、敷き寝具の吸汗力や速乾機能は大切な要素。

 このパッドと敷きふとん、マットの組み合わせで快適な状態にするよう心掛けています。」


いよいよ次回から本格的な販売開始です。


<続く>

続きはこちら
http://salaf.blog.so-net.ne.jp/2011-06-04
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

睡眠と寝具について ~最適な寝具とは~ [寝具と眠りの関係]

眠りにとって一番大切なのは「安心」だと以前書きました。


寝具が眠りに寄与できるものも、やはり「安心」です。


人は毛皮の代わりに、「家」と「寝具」を持っています。


「家」は外敵から生命・財産を守り、温度、湿度を一定に保ちます。

「寝具」は、寝るためにふさわしい生理現象をサポートします。


今回は「寝具」の話をします。


先程も書いたように「寝具」に出来ることは「安心」を提供することで

・ 眠りに誘い(入眠)

・ 十分に熟睡し(睡眠の質)

この2つをスムーズにさせます。


まず、「入眠」ですが、ここで大切なのは「意識に与える安心」です。


例えば)

シーツが湿っていて気持ち悪い。
→ 何か病原菌が発生していないか?と心配になる。

ベッドマットが固すぎて痛い。
→ このまま寝たら、腰が痛くなるんじゃないか?
  (逆に柔らかすぎても腰が痛くなる心配も・・・)

布団が薄い気がする。
→ 風邪をひくんじゃないか?

枕が首に合ってない気がする。
→ 翌朝、肩こりが残るんじゃないか?


などなど。

なかなか全ての不安を取り除くことは難しいですが、納得いくまで寝具を吟味することは
大切です。


2番目に「睡眠の質」、ここで大切なのは「体に与える安心」です。

睡眠時には、体から熱の出入り、水分の出入りがあり、そして寝返りもします。

寝具に重要なのは、この動きを邪魔しないことです。

・体から出た熱や汗をスムーズに放出する。また必要以上に熱が逃げるのを防ぐ。

・寝返りをスムーズにさせる。寝返るために必要以上の力を使わせない。

など。

意識のない状態での出来事なので、自覚がない場合が多いですが、朝起きた時に
疲れが残っていたり、しっかり寝た感じがしなかった場合は、寝具を疑ってみることも
大切です。


この寝具がいい!という究極の寝具はありません。

ひとりひとりの睡眠には個性があり、寝具も人により、季節により、選ばれるべきだと
思います。

自分にあった最適の寝具に出会った喜びは、なによりも大きな財産だと思います。

ぜひ、寝具選びをおろそかにせず安心・信頼できる自分の寝具を見つけてください。


<サラフ>もぜひ一度お試しください(^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

明日への活力 ~睡眠の役割~ [眠りについて]

” 眠りの役割は何か? ”


こう聞かれたときに、私はこう答えることにしています。


 明日への活力。


睡眠の機能は、脳の再生、体の再生です。

眠っている間、人間の体は何もしていないわけではなく

活発に動いています。

一日活動して破壊された部分を改修、補強し、足りなくなったものを補充します。

脳の中では、データの整理整頓、必要な記憶を残し、いらない記憶は捨てる。

そして、翌日また元気に前向きに活動できる体制を整えるのです。


それはすべて明日のため。


より良い明日を生き、未来を切り開くために眠りはあるのです。

充実した眠りは、充実した明日の活動につながり、充実した未来を作り出します。


未来への不安は、確かにそれ自体が「不眠」の原因になります。

そして「不眠」は同時に明日の活力を奪います。

不眠とノイローゼに深い関係があることは、よく知られています。

不安が原因となって不眠になり、不眠が原因でノイローゼが悪化する。

まさに悪循環です。


(いずれブログに書きますが、私も以前不眠で悩んだ時期がありました・・・)


人間ですから、誰しも不安になり・・・少々の不眠は経験することでしょう。

そんな時に、気持ちを切り替えたり、寝具や睡眠環境を見直してみたりして

再び充実した眠りを取ることで、明日への活力も蘇ります。


充実した眠りを取れる人こそ、充実した未来が切り開ける。


明日への活力のため、眠れる時にはしっかりと眠ることをお勧めいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

東北地方太平洋沖地震 支援と企業活動について [その他]

東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方には心からお悔やみを申し上げますとともに、
被災地の皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

東北地方は、古くからお世話になってきた地域で
津波の被害があった沿岸部へも、スタッフが営業周りをしていたこともあります。
わが社の商品を取り扱っていただき、またご使用いただいているお客様が
このような大変な災害の被害にあっていると考えただけで胸が痛くなります。

小さな企業で大したことはできませんが、
少しでも復興の力になるように、微力ながら協力をさせて頂きたいと考えています。
具体的には、多少の義援金、取り扱い商品の中で、暖を取るのに適した商品の送付等を
関係機関と連携の上で実行させて頂きます。

また、この災害により日本全体の活力が失われてしまうことを恐れています。
私たちは、この災害に負けず元気で活力のある企業活動を続けていくことを
約束します。

経済活動をしっかり継続して、被災地の方々への応援もしっかりと行っていくことが
日本全体が元気になることだと考えています。

最後に、今助けを求めている方がひとりでも多く助かり、被害が最小限に
抑えられること、そして一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


2011年3月14日 
公大株式会社 代表取締役社長 鈴木公輔

エアラッセル枕 ~頭も空気層が支えます~ [サラフの商品]

低反発ウレタン、各種ビーズ、そばがら、パイプ、羽毛・・・

中材や高さ、形状については、多種多様な種類があり

お店に行っても迷ってしまう「枕」ですが、

カバーに関しては、あまり議論されることがありません。


カバーの素材としては、綿、シルク、麻・・・

組織として、織布、ニット、パイル・・・

昔から使われていす素材が多いですが、

もっと新しい素材の提案があってもよいと思います。


枕の大きな役割は

■ 寝姿勢の調整(寝返りしやすいことも含め)

■ 頭を涼やかにする(頭寒足熱)

■ 安心できる肌触り

となります。


そこで<サラフ>から提案させていただくのは

立体構造素材「エアラッセル」をカバーに使用した枕です。


エアラッセルは、弾力性に富んだ立体構造で頭を支えるので、寝返りもスムーズ。

さらに頭の下を空気が通り抜ける構造なので、夏時期にも熱がこもりません。


<サラフ>では、お好みに合わせ2種類の中材を用意しています。

■ パイプ(4部屋タイプ、パイプ量調整ファスナー付き)

 通気性に優れた素材です。4部屋に仕切る構造で、パイプが偏ることがありません。

 さらに好みに合わせパイプ量を変えれば、高さを変えることができます。

■ 低反発ウレタンフォーム(60個の通気用穴空き)

 包み込まれるような感触の低反発ウレタン素材の枕です。ウレタンの弱点である”蒸れ”を

 解消するため60個の穴を空け、通気性の高いウレタンを合わせて使用しました。


さらに、今お使いの枕が気に入っている方であれば、エアラッセルの枕カバーだけを

購入することもできます。

一番合っている枕に、エアラッセルのカバーを使うことで、夏でも蒸れない

自分だけの枕を作ることができますよ。


エアラッセルパッド ~サラフの代表寝具~ [サラフの商品]

<サラフ>を象徴する商品である「エアラッセルパッド」


2001年の販売開始以来、変わらぬ支持を頂いてる定番的な商品です。


吸水・速乾・通気性・弾力性の特長と

簡単に洗濯できる手軽さ、数年使用可能な耐久性

を持った敷きパッドです。


ベッドにも敷き布団にも手軽に取り付けるだけで

睡眠環境を変化させることができます。


ベッドや敷き布団を買い換えるのは大変なことですが

現在の寝具環境に加えるだけなので、何も捨てることなく

睡眠環境を見直すことができます。


特に真夏の熱帯夜対策寝具として、多くの人に活用してもらっています。

元々は「エアコンに頼らずぐっすり眠りたい」という欲求から

生まれた商品ですので、独特の吸水・速乾・通気性は

汗が蒸発して体の熱を逃がすという人間本来の機能を

最大限に活かすことができます。


冬には、シーツや毛布を上に敷いて使えば、空気層が断熱保温層となり
暖かい寝具に早変わり。

夏に購入頂いたお客様も、1年通して使ってもらっていいることが

多いようです。


<サラフ>エアラッセルパッドは、固さが3種類あります。

■ ハードタイプ

■ スタンダードタイプ

■ ソフトタイプ


好みによってお選びいただきたいと思います。

もし迷ったらメールや電話で相談してもらえば幸いです。


260100_01[1].jpg

「睡眠時の体温変化」と「汗」の役割、そしてサラフ [眠りについて]

今回の話は少し難しい単語を使います。


 ”良質の睡眠 ”


これには様々な定義があります。

その定義のひとつに

「深部体温の下がり具合」

があります。

深部体温とは、体の内部の温度・・・そして「脳の温度」と言われています。



睡眠時には、この深部体温が下がります。約1.5~2℃。

代謝を少なくして、脳や体を休めるために温度を下げるのです。

体中の血管を通じて体内の熱を、外に逃がすというメカニズムです。

そのため、冷え性などで末端の血行が悪い人は、熱が下がりきらず

なかなか寝付けないこともあります。



それから夏のように外気温が高い場合は、熱が逃げにくくなります。

その時に活躍するのが「汗」です。

汗の主な役割は「放熱」。

汗が蒸発する際に、体から熱を奪い、体温がスムーズに下がります。

そのため夏に健康的に睡眠を取るためには


①汗をかく

②汗をスムーズに蒸発させる


この2つが重要になってきます。

「汗」に関しては、またの機会に詳しく書こうと思いますが

エアコンの効いた部屋にずっといたり、運動をあまりしないと

汗をかく機能が退化して・・・いわゆる「汗かき下手」な状態になります。

あまりエアコンに頼らず、適度な運動をすることで「汗かき上手」になれるはずです。


そして、汗が水分のままでは熱を奪いません。

また汗でパジャマや寝具がびっしょりの状態では、不快感も加わり寝苦しさの原因にも

なります。

濡れたままの寝具は、カビの発生にもつながりますから、衛生的にもよくありません。


夏の寝具には、汗を素早く吸い取り、蒸発させる機能が必要です。


<サラフ>は、汗をしっかりと受け止め、水蒸気として空気中に逃します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サラフ販売開始 ~ 社内の理解 ~ [サラフの歴史]

サラフの歴史 前回はこちら
http://salaf.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28


2001年・・・いまから約10年前に<サラフ>エアラッセルパッドの販売がスタートしました。


余談ですが・・・私が公大に入社したのもこの年です。

つまり私の歴史は、<サラフ>の歴史といえるかもしれません・・・余談でした。


さて、スタートしたものの、なかなか好調にはいきませんでした。


とにかく、当時の寝具としては非常識な部分がある商品だったので

お客様はおろか、販売スタッフの頭にも疑問符がいっぱいだったと思います。


 「 本当にこの商品が売れるのか??? 」


特に問題となったのは


・シーツとは違う凹凸のある肌触り

・価格15000円
 
 当時敷きパッドは、高くても1万円。

・今まで売ったことがない。


まず商品としての価値を理解してもらえるのかどうか?

理解してもらえたとして、この価格を理解してもらえるのか?



商談をしていても

「面白そうだね。」

とは言ってもらえても、その先がなかなか進みません。


自分で使ったことがない、売ったことがない、今まで売れた実績のない商品

は簡単には採用されません。



その時、会長(当時の社長)が取った行動は


 ”まず自分たちで使ってみる。”


でした。

分からないとぼやくよりも、まず使ってみてから判断する。


これによって、まず社内の理解は進みました。


ひとりひとりの嗜好があり、すべての人に最初から受け入れられる商品ではありませんが、

自ら使ったことにより、どんな特徴があり、どのように説明すればよいか見えてきました。


「サラサラしていて気持ちいい」

「使っていてもへたれることがない」

「洗濯してもすぐ乾く」

「エアコン付けなくても寝られた!」

私の部屋にはエアコンがなかったので、使用感を実感することができました。


最初は商品化に否定的だった社内の雰囲気も


”とりあえずやるだけやってみるか”

と少しずつ前向きに変わってきました。

私もそのひとり(^^;


<続く>

続きはこちら
http://salaf.blog.so-net.ne.jp/2011-03-26

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。