So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

快適機能素材ダクロン®QDとは? [サラフの機能]

サラフに使われている快適機能素材「ダクロン®QD」。

皆さんはその名前を聞いたことがあるでしょうか?


実は登山などのアウトドアを本格的にやっている人なら

知らない人はいない程有名な素材なんです。


元々はアメリカ・デュポン社が1992年に革新的な高機能ポリエステルとして開発した素材。

ヒマラヤ等の高地登山やグリーンランドへの冒険等の極地への旅の装備として誕生しました。

異形断面と呼ばれる独特のUFO型の断面をもち、毛細管現象によって汗を素早く吸い取って乾かしてしまいます。

汗による冷えが命取りとなる極地での活動を支え、欠かせないアイテムとなっていきました。


今では、アウトドアショップに行けば同様の異形断面素材が並んでいますが、

「ダクロン®QD」は、そのパイオニアと言えます。

夏場にアウトドアショップのインナー売り場を見てください。
すぐに「ダクロン®QD」が見つかるはずです。


※現在ダクロン®QDの商標はアメリカ・インビスタ社に移行されています。


ダクロン®QDには兄弟素材があります。

・ダクロン®QD 
 吸水・速乾性が高く夏用の素材として適している。

・ダクロン®QDMax 
 多量の汗を伴う激しい運動に適している。

・ダクロン®QDダイナミクス 
 ダクロン®QDとウールの混紡糸。冬の防寒に適している。別名ダクロン®QDウール。

・サーマスタット 
 繊維の真ん中に穴の空いた中空構造で保温性と速乾性が高く、冬場のスポーツに適している。


以上の素材は用途に応じて様々に使い分けられています。

この素材を私たちが「寝具の素材」として採用したのは2001年。誕生から約10年後のことです。

採用した理由は、熱帯夜の睡眠環境ではアウトドアと同じく、「汗の処理」が問題になってくるからです。

結果的に睡眠環境にも適しており、さらに洗濯乾燥も速いため、非常に寝具に適している素材だったと考えています。


寝具に応用するにあたり、ダブルラッセル編機を使った立体構造の生地を採用しましたが、これは史上初の試みでした。

以来私たちは10年にわたり、「ダクロン®QDを使ったダブルラッセル編み生地(通称エアラッセル)」を寝具素材として使い続けています。


ヒマラヤ.jpg

断面.jpg
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 1

Timothysr

Spot on with this write-up, I truly suppose this website wants far more consideration. I’ll most likely be again to read much more, thanks for that info. http://hellowh983mm.com
by Timothysr (2018-02-09 06:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。